週間ねりきり

妻と2匹の猫と暮らす、よく分からない視点で映画のことを書く人です。意識高い系ブログが集うはてなブログの中で、ひたすら意識低い系の記事を毎週金曜日更新。 これに伴い日刊から週間になりました。今まで嘘ついててすいません…

『ニンジャバットマン』は“何それ美味しいの?状態”でも楽しめる!【感想、ネタバレあり】

はじめに、私はベン・アフレック版も、クリスチャン・ベイル版も、マイケル・キートン版のバットマンも全て未見です。 何ならDC、マーベル作品もほぼ未見。(『ウォッチメン』は見ましたが、やたら内容が暗いことしか覚えてない…) 何で?って聞かれちゃうと特…

【ネタバレ】『SOLO 孤独の淵で』とかいう恋愛観察サバイバル映画

カナリア諸島の秘境スポットを1人で訪れたサーファーが崖の上から転落。サバイバルをかけた孤独なバトルの中、自らの人生を回顧する。実話に基づく作品。(Netflix公式より) わかりやすくどんなストーリーか説明すると、いい年して結婚せず、友達とサーフィ…

ネタバレあり『ポーラー 狙われた暗殺者』というマッツ・ミケルセンでなければ成立しなかった映画

今や日本にもファンの多いイケオジ(表現あってる…?)なマッツ・ミケルセン。 そんな彼の魅力や演技力を余すことなく描き、ファンをホイホイさせるような設定の『ポーラー 狙われた暗殺者』 しかし、ストーリーとしては結構やり尽くされている感があるジャ…

『ヘレディタリー/継承』を賀来賢人でリメイクするべき三つの理由【ネタバレ】

先日、新進気鋭のアリ・アスター監督作による巷で話題の『ヘレディタリー/継承』を見ました。 「綿密な脚本による伏線回収がすごい」みたいな意見を聞きましたが、あまりにも過激な演出と主演のトニ・コレットの顔芸が凄まじく、そんなことはどこかへと吹っ…

『ユニコーン・ストア』感想、ネタバレ。大人が小さいの頃の夢をガチで叶えようとしたら?

幼少期の夢あるあるに、「架空のキャラクターになる」というものがあります。 大人になったら自然と諦めている夢のひとつで、「ウルトラマン」や「プリキュア」になりたい!というようなもの。 (プリキュアは表面上に出ていないだけで、沢山の"おおきなお友…

【運び屋】おじいちゃんスイッチ(クリント・イーストウッドも可)の作り方【感想】

最近ヨッシー クラフトワールドを購入し、毎日癒されている私ですが、舞台が工作の世界なので、時々ピタゴラスイッ●感満載のステージが登場するなどワクワクしています。→そういや、番組内で「おとうさんスイッチ(おじいちゃんも可)」ってあったなあ…→『運び…

『ザ・ブレイカー・アッパーズ 〜別れさせ屋の私たち〜』とかいう誰得映画

世の中には、良くも悪くも「中身のない映画」というものがありまして… そんな中、先日見たNetflix映画『ザ・ブレイカー・アッパーズ 〜別れさせ屋の私たち〜』は、中身がないと見せかけて、実は深い作品かと思ったら、やっぱり中身がない作品でした。 良くも…

2018年猫を飼ってできなくなったことまとめ

我が家のアスリート系猫 きりさん。 そのむきむきの前足を使って、最近は掃除機をかけている時だけでなく、皿洗いをしている時でさえ、ワンジャンプで私(175cm)の肩に飛び乗れるようにまで仕上げてきました。 一体何を目指しているのか… お陰様で、きりさん…

【2行目でネタバレ】『セレニティー:平穏の海』を見た感想。本当にオチでがっかりするかな?

先日書いた、『セレニティー:平穏の海』を見ました! mai-yamada.hatenablog.com (↓以下直ぐネタバレ) ずばり、「IT版『トゥルーマン・ショー』でしたっ! トゥルーマン・ショーとは? ざっくり説明すると、主人公のマシュー・マコノヒーは故人。 彼がい…

『ランダウン』をピーター・バーグのファンはどんな気持ちで見るのか?

うーん、このビデオスルー感 以前、『マイル22』の公開に合わせて、Netflixにて配信されているピーター・バーグ初期作『ランダウン ロッキング・ザ・アマゾン』アマゾンを見ました。 まだロック様がロックと呼ばれていた頃の作品です。 しかし初期作だからか…

『セレニティー:平穏の海』が平穏どころかバーニング・オーシャンしている件

「あちぃ!まるで『ゲティ家の身代金』のギャラが発覚した時みてぇだ!」 私が好きな洋画の脚本家にスティーヴン・ナイトという人物がいます。 最近だと『蜘蛛の巣を払う女』で脚本を書き、監督も担当している代表作には、トム・ハーディがマジでずっと電話…

【ネタバレあり】『女王陛下のお気に入り』のラストは、精神を病むレベルの画力

アカデミー賞最多ノミネートで話題となった『女王陛下のお気に入り』 正直、自分の息子にムスコの精通体験を詳細に語る間抜けな父親など、きわどいギャグをかましまくるヨルゴス・ランティモスの作品がノミネートと聞いた時は、「気でも狂ったのか?」と思い…

映画のコラボTがもっと普及してほしいとお願いするブログ

バンドTシャツなんかは、有名なアパレルとコラボしているのをよく目にする中で、映画でも最近はちょこちょこと、こうしたコラボTとかグッズとか出ていて嬉しい限りです。 もっといろいろなコラボグッズが出てほしい!と思える作品は沢山あるので、今後さらな…

TVシリーズも劇場版もリアタイで見た人の『PSYCHO-PASS Case2.First Guardian』感想、ネタバレ

第1期を見ていたのが、大学生くらいの時だったので、時が経つのは恐ろしいと『PSYCHO-PASS サイコパス Case.2 First Guardian』を見ようと思ったときにしみじみと感じた27歳です… そんなリアルタイムで本編と劇場版も見てきた私が『First Guardian』を見て思…

『ファースト・マン』を見て、チャゼル監督は主人公いじめてなんぼだなぁと感じた話

これまで『フルメタル・ジャケット』から飛び出してきたみたいな鬼教授の話や、圧巻の1発撮りミュージカルなど、分かりやすく注目を集めやすいジャンルを手がけてきたデイミアン・チャゼル監督が、宇宙飛行士の実話を撮ると聞いた時は、正直「?」と思いまし…

個人的2018ベスト映画『ラブレス』の良い点をまとめてみた

世の中にはとても自己中な人が稀にいますが、その中にも様々種類があります。 人の迷惑を顧みない傍若無人な振る舞いをする人から、自分さえ良ければ他人のことは考えないような人も。 『ラブレス』は、ロシアにはそんな人しかいないの?って思わせるくらい…

『スプリング・ブレイカーズ』をギャルに勧める記事

私が好きなお下劣映画の中でもひときわ異彩を放つ作品に、ぴちぴちのギャルズが、ただひたすらはしゃぐだけの『スプリング・ブレイカーズ』というギャル青春ムービーがあります。 とにかく、このギャルズのはしゃぎ方のえげつなさ、ジェームズ・フランコとい…

『遊星からの物体X』を、デートの時くらいしか映画を見ないような人にお勧めする記事【挑戦】

地球にやってくる宇宙人がみんな友好的なら良いのですが、映画だとたいてい凶暴なやつばかりで困りますね… 今回紹介するの『遊星からの物体X』に至っては、凶暴なうえに狡猾なので、非常に厄介です。人間でもそんな奴いたら嫌なのに… もれなく食欲が失せる…

【ネタバレ】『サスペリア』でフフッってなった場面まとめ

先日、映画館で『サスペリア』を見た私は、他の方同様、その結末に打ちひしがれて、解説や考察の検索に勤しんでいのですが、何も分かりませんでした(皆、難しい言葉で書くんだもんなあ〜) じゃあ、ブログに書くこと何もないなあ…なんてのほほーんと過ごして…

【ネタバレ】『来る』の"あれ"が何なのか、もやもやしている人に勧める記事

タイトルからして「いったい何が来るのか…?」と、思わせてならないこの映画。 でも安心してください。 見たところで、何が来たのかはさっぱりわかりません。いや、分かるんですけどね。原作には「ぼきわんが、来る」ってハッキリ書いてあるし… 何故、『ぼぎ…

今後の映画ブログの内容について本気出して考えてみた

いっつも、映画を見た感想・レビューを書いて頭によぎることに、「わざわざブログを設けてるのに、こんなまとまりのないクソレビュー書いててもしょうがないよなあー」という、どろっどろの負の感情があります。 実際上手な文章を書かれてる方や、豊富な知識…

新年1発目からインフルエンザのお知らせ

あけましておめでとうございます。 わたしは今、インフルエンザA型を発症して3日目で、熱は下がり、残りは喉の痛みだけになりました。 しかしインフルエンザなんて十数年振りに掛かったので、本当に最初の1,2日目はしんどくてしんどくて… 毎晩「予防接種して…

【ネタバレ】『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』は、どのくらい前作より非情なのか?

監督の交代、劇伴担当の急死など、色々ありましたが、なんやかんや続編はきちんと公開された『ボーダーライン ソルジャーズ・デイ』 前作の監督ドゥ二・ヴィルヌーヴや批評家からの評判も良く、公開前からキャストが口を揃えて『前作よりめっちゃエグい』と…

ニック・チョンが主演監督を務めたホラーラブバトルアクションコメディ『除霊師』を見ました…

このタイトルに偽りなし… 香港で有名な俳優ニック・チョンが手がけた監督作は、結局何を描きたかったのか?その真相を突き止めました(大げさ) ニック・チョンと言えば、ジョニー・トー監督作の常連でもあり、本国で大変人気な俳優さんです。 そんな彼が作品…

【現在150作】Netflixマイリスト全消化計画/11月・猛省編

ヤマダです。 完全に計画は破綻して、私の心もポッキー&プリッツの日よろしく折れました。 まあ、もともと無理のある計画だったのですが、配信終了作品も多くあるから、次第に現実的な数字になったりしないかなという、他力本願甚だしいところもあるっちゃあ…

【ネタバレのオンパレード】『GODZILLA 星を喰う者 』でよくありそうな質問をまとめました

先日、『GODZILLA 』最終章である『GODZILLA 星を喰う者 』を見てきました。 今回は、まだ見ていない人が気になっていそうな事をQ&A(よくある質問)でまとめてみました。 私が見た劇場には小さい子も家族連れで見ていたので、「パパあれなんで~?」と聞かれ…

『キングダム/見えざる敵』が、ほんとは結構芸の細かい映画だと伝えたいブログ

ジェイミー・フォックスがRPGとか手榴弾とかバンバン飛ばしまくる、過激社会アクションムービー。 しかし、本作に限らずピーター・バーグは、何でもかんでもバカスカ爆発させてるわけじゃあないんだぜってことを伝えたいブログになります。どかーん。 ピータ…

『ザ・フェイヴァリット』の邦題さあ…

酷過ぎない? 何、『女王陛下のお気に入り』って? 『92歳のパリジェンヌ』かよ! (なんでフランス映画って、似たような邦題が付くんだろう…) まるで高齢の貴婦人が見そうなシャレオツクソ邦題に、おはらわたが煮えくり返っているわたくしです。 いやあ、…

オールタイムベストについて、考える

私は基本的に「この映画が好き!」というよりは、 「この映画の、この部分が好き!」という見方をすることが多いので(その逆もまた然り)一概に作品を抜粋することができないのです… なので、最近は一番好きな映画は?と聞かれると、考えるのが億劫になり『押…

【ネタバレ】『完全なる報復』頭が良すぎても破滅する。

そのビジュアルからして、勝手に『エンド・オブ・ホワイトハウス』みたいな話を想像していたのですが、良くも悪くも、当たらずしも遠からずという感じでした。 ていうか、「あらすじ読めよ」という感じなので、以下あらすじ。。。 妻子と幸せな生活を送るク…